社交ダンスドレスのカオリ

HOME > カオリのドレスの特徴

ご来店予約

お問い合わせ

カオリのドレスの特徴

皮膚の一部のような着心地と
動きの美しさを持つカオリのドレス

社交ダンス用ドレスは見た目が豪華で良いデザインであることはもちろん、踊る人にとって着心地が良いことが第一、そして踊ったときに美しく動くこと、長時間踊っても疲れにくいこと、こういった基本的な事を一つ一つ丁寧に積みあげながら、カオリのドレスは作られていきます。細部にまで心をこめて作ることで、品質の良いドレスに仕上がります。

カオリの職人技

全行程を専門の職人が手がけます

ドレスの製作工程は大きく分けて6つの工程に分かれています。各工程を高い専門性を持った職人がそれぞれの持てる技術を駆使して、カオリのドレスは仕立てられます。全てに職人の手仕事を感じられるドレスは多くの選手に愛されています。

ドレス製作工程

カオリ式補正原型

26箇所の採寸と
動くドレス専用パターン(型紙)

ダンス用ドレスは一般的なドレスと違い、スポーツウェアとしての側面も持っています。動く事を前提として作る必要があるため、パターン(型紙)の作成に特殊な技術と知識が要求されます。

カオリでは、専門のパタンナーがデザイナーとの綿密な連携で正確にお客様の体型にフィットする着心地の良いドレスが出来上がるのです。

カオリのドレスは、カオリ式補正原型に基づく26箇所にのぼる採寸を行い、精密な計算に基づくパターンを作成します。正確なパターンによって作られるため、踊り手の動きを助け、ドレスが踊ったときに美しく、長時間踊っても疲れにくい事、激しく踊っても壊れない事など、必要な全ての要素を満たしたダンス用ドレスになります。

カオリのデザイン

いち早く最新のトレンドを反映

世界の競技会のドレスに注目するだけでなく、パリコレクション、イタリアファッションのトレンドに目を向けることから流行の先取りや必要性を素早くつかんでいます。

いち早く最新のデザインや技術を取り入れる事で、審査員や観客の印象に残るドレスを提案しています。既存のドレスを最新のデザインに仕立て直すドレスリメイクもおすすめです。

採寸とパターンが品質を決める

ドレスの着心地はパターン(型紙)によって決まると言っても過言ではありません。体の隅々まで採寸って作られるパターンは、オーダーされたお客様の体型を正確に写し取っています。
正確なパターンをもとに仕立てられたドレスは抜群の着心地と軽さを感じられます。

仮縫いでさらにフィットさせます

着心地や踊ったときの動きをより良くするには、実際に着て踊っていただく事がなにより重要です。
パターンをもとにきっちりと仕立てるため、仮縫いのときには体にフィットする物にはなっていますが、踊り方や姿勢に合わせたり、材料の持つ特性を活かしつつ、ご本人の希望の形に調整しさらに踊りやすく美しく変身していきます。

仮縫いで形を合わせていくのではなく、採寸により正確に出来ているドレスに調整を繰り返しさらにフィットさせる。これがカオリの仮縫い工程の特長です。

絵に描いた通りのドレスが手に入ります

よくお客様にいただく声で、「本当にデザイン画通りですね!」と喜びの声をいただきます。当然といえば当然ですが、どんなデザインでも実現するにはプロのパタンナーがいないとなかなか難しいことなのです。お客様のお持ち込みデザイン画の場合、よくよくその画を作り手が理解するよう努めています。

そして出来あがった時のお客様の笑顔が私たちの技術の向上につながります。

来店試着について

カオリでは踊ったときのドレスの表情も大切に作っています。ドレスの購入やレンタルを検討されている方は、ぜひ併設の50坪のダンスフロアで踊って試してみてください。
また、その場でドレスのサイズ調整やコーディネートのアドバイスなどのサービスも行います。
ちょっとした調整で驚くほど動くようになったり、踊りやすくなったり、新しいコーディネートや似合う色など、新しい発見があるはずです。

ご来店予約